メニュー

会社概要プライバシーポリシー

お気軽にお問い合わせください

052-877-7554

FAX 052-876-7970

メールでのお問い合わせ

title_buy.fw

不動産の売却をご検討の方へ

不動産売却の流れについてご説明します。大きく分けて5つのステップがあります。

不動産の査定

売却を考えている不動産が、いくらで売却できるのかを不動産会社に査定してもらいます。

不動産会社は、売主の売却希望額を考慮しますが、現実的に売却可能な金額で査定します。なので、売主の売却希望額と査定価格には差が生じるのが一般的です。
また、不動産会社によっても、査定価格は異なります。
まずはこちらよりご連絡下さい。

不動産会社と媒介契約を締結

実際に売却を依頼するため、不動産会社との間で媒介契約を締結します。媒介というのは、いわゆる仲介のことです。

瑕疵の申し出

売却するマンションやアパート、住宅、土地などの不動産について、あらかじめ開示すべき情報を申し出ます。特に、瑕疵(キズ、損傷、不具合、抵当権の設定など)がある場合は、トラブルの原因となりますので、必ず重要事項説明書に記載しなくてはなりません。
ここに記載のない場合、損害賠償や契約解除などになってしまうこともあるので注意が必要です。

売買契約を締結

買主が見つかったら、不動産売買契約を締結します。契約書など必要書類に記名・捺印します。売却価格が決定すると不動産会社に支払う仲介手数料や不動産の譲渡にかかる税金の額も確定します。

売却するマンション・戸建・土地などの不動産の用途や所有期間などによって所得税・住民税などの税金の控除(特別控除)や特例(軽減税率など)が認められ、税金が軽減されることもあるので、税金や手数料についてはよく理解して、しっかりチェックしましょう。

引渡し・所有権移転登記

代金を受け取り、引き渡し・所有権移転登記が済んだら、不動産の売却手続きは完了です。

Fudousan Plugin Ver.1.6.8